本文へスキップ

安心の【蜂駆除専門】お電話一本で簡単お見積もり!北牟婁郡紀北町全域どこでもお近くのスズメバチ駆除士が最短即日お伺いさせて頂きます。ハチが残らない完全な駆除!!

TEL. 0120-41-8110

24時間・年中無休 お気軽にお問い合わせください。

はち駆除専門で創業24年

三重県北牟婁郡紀北町の蜂のことならなんでもお任せください。

北牟婁郡紀北町スズメバチアシナガバチなどの蜂の巣駆除は信頼と豊富な実績の当社へお任せ下さい!
蜂が残らない独自の駆除で選ばれ続けて創業24年!
スズメバチ駆除・ハチ駆除-出張費無料で24時間・年中無休で承ります。
煩わしい追加料金や高額請求など一切なし!
三重県北牟婁郡紀北町で蜂の巣駆除やスズメバチの駆除でお困りの方は蜂専門駆除のスズメバチ110番・南勢養蜂場へ何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

見積・相談無料 24時間・年中無休 全域対応


テレビに出演させていただきました。

東海テレビ毎週日曜日お昼放送のスタイルプラスという番組のなかで#188東海仕事人列伝:スズメバチ駆除職人として紹介していただきました

#188東海仕事人列伝にスズメバチ駆除職人として出演しました。

東海テレビ毎週日曜日お昼放送のスタイルプラスという番組のなかで#188東海仕事人列伝:スズメバチ駆除職人として紹介していただきました
創業以来、たくさんの取材のオファーを頂いてまいりましたが、TV局側からの要望として『蜂が向かってくるようなダイナミックな映像が欲しい』など私たちの駆除方針とは全く沿わなかったり、駆除に至っていないものまでもが駆除として放送されているなど放送倫理の問題などもあり全て断ってまいりましたが今回初めてのTV撮影となりました。
撮影スタッフも全員防護服を着用せずおそるおそる撮影に臨んでいただき通常通り何事もなく終わらせていただきました、スタッフの方々にはどれほど安全か身をもって体験していただけたかと思います。
今回は、化学物質アレルギーの方などを対象とした方法のごく一部を紹介させていただきました。

東海TV スタイルプラスに出演

蜂駆除業者選びに失敗しないために

ハチ駆除の業者選びで失敗しないために

他社へ依頼後のご相談が急増しています。

駆除について

当社の駆除の特徴と8つの強み

主婦が選ぶはちの巣駆除屋 

建造物も破らず駆除

習性に合わせた駆除

10M以上の高所の蜂駆除にも対応

受付から施工完了までの流れ

     

お問い合わせいただいてから駆除完了までの流れ。

駆除料金

蜂の巣の状況をお聞かせいただければ概算のお見積りをお伝えします。

アシナガバチ駆除

アシナガバチ駆除 8,000から

アシナガバチ駆除 8,000から

スズメバチ駆除

スズメバチ駆除 13,000から

ミツバチ駆除

ミツバチ駆除 15,000から

ツマアカスズメバチの駆除を行いました

長崎県対馬市においてツマアカスズメバチの駆除を行いました (Vespa velutina)

長崎県対馬市においてツマアカスズメバチの駆除を行いました。
外来種の侵入が確認され特定外来生物に指定されました。
写真のような蜂を見かけたらすぐにお電話下さい。

和名
ツマアカスズメバチ
科名
スズメバチ(Vespidae)
学名
Vespa velutina
英語名
Yellow-legged hornet, Asian black hornet,
原産地
アフガニスタンからインド、ブータン、中国、台湾、ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア、インドネシア
特徴
全体的に非常に黒っぽく、腹部先端部が赤褐色の特徴的な腹部斑紋パターンを呈する。体長は、分布域等によって差があり、ヨーロッパでは女王バチ 25-30mm、働きバチ約25mm、東南アジアでは女王バチ18mm前後、働きバチ14-17mm、雄バチ16mm前後である。
営巣場所について、女王バチは越冬後、単体で茂みや低木の中、土中等の閉鎖的な環境において営巣を開始し、コロニーが大きくなると働きバチとともに樹木の上部に引越をする。 他のスズメバチ類と同様に様々な昆虫を獲物とし、飛翔中の昆虫を捕らえる。
定着実績
国内では、2012年に長崎県対馬市にて働きバチが初めて確認された。翌2013年には、対馬上島を中心に、巣が見つかり定着が確認された。2011年には既に本種が侵入していた可能性が示唆されている。
被害状況
■生態系に関わる被害
韓国の釜山ではツマアカスズメバチの侵入により、競合により在来のケブカスズメバチ(Vespa simillima simillima)が激減し、ツマアカスズメバチが最優占種となっていることが報告されている。なおケブカスズメバチは日本(北海道)にも生息する種であり、本州以南には、ケブカスズメバチの亜種であるキイロスズメバチ(V.s. xanthoptera)が生息する。
食性は主に昆虫類など(ミツバチ、アシナガバチ、毛虫、チョウ、ハエ、トンボ、クモなど)である。このように生態系の上位に属する広食性の捕食性天敵であるため、生態系への影響が大きい生物であることが示唆される。
■農林水産業に関わる被害
海外では、養蜂業への影響が報告されている。韓国では、本種によって2~3週間のうちにミツバチ300群中50群が消滅したという報告がある。
中国ではツマアカスズメバチがトウヨウミツバチよりもセイヨウミツバチの巣を好んで襲い、捕食成功率もセイヨウミツバチを襲う方が高いという報告がある。なお、セイヨウミツバチはトウヨウミツバチのようにツマアカスズメバチの攻撃に対して対抗手段を持たない。
備考
拡散速度は速く、韓国では年間10~20km、ヨーロッパでは単純計算で年間100kmの速さで分布を拡大していると報告されている。
※ 通称につきましては、必ずしも正確なものではない可能性もありますので、ご注意ください。
※ 被害状況につきましては、代表的な事例を挙げています。
(環境省HPより)

北牟婁郡紀北町周辺の蜂駆除・蜂の巣 駆除・お電話で簡単お見積もり!安心の【蜂駆除専門】無料電話相談実施中!!蜂のことなら何でもお任せ下さい。日本スズメバチ駆除協会認定のスズメバチ駆除士が電話相談に応じます。 
蜂駆除・蜂の巣駆除で一番大切なことはハチが残らない事!!
『人命』に関わる為、戻りバチによる刺傷被害や人的災害・巣を撤去後のトラブルなどを防ぐためにも、蜂の習性を熟知した蜂駆除専門の業者に依頼しましょう。
※他社や個人で巣を撤去後のトラブルなどのご相談が増加中です。
 ご注意下さい。

スズメバチの種類
・キイロスズメバチ
体はスズメバチの中では比較的小型であるが、攻撃性は非常に高い。働きバチの体長は2.5センチメートル前後で活動性は非常に高いが、1匹あたりの寿命は2週間程度と短い。巣はまだら模様の丸型。樹木の枝、屋根裏や軒下、床下など風雨を防げる場所であればあらゆるところに巣をつくる。モンスズメバチなどと同じく引っ越しをする習性を持っています。
・コガタスズメバチ
市内ではポピュラーな種類でスズメバチの中では攻撃性は低いですが樹木の枝などに好んで巣を作るので、剪定中に良く刺される事があります。
営巣初期の巣は徳利を逆さにしたような巣を作り、働きバチが生まれ始めると球状の巣になります。
・オオスズメバチ
スズメバチの中では最も大きく、攻撃性は非常に高い。働きバチの体長は3.5センチメートル前後で毒性が最強いく巣は土の中や樹木の洞の中などの閉鎖空間につくるので目視では見つける事が難しく登山やハイキング中に知らずに巣の付近を歩いてしまい刺されることが多いです。
その他
ヒメスズメバチ、モンスズメバチ、チャイロスズメバチ、クロスズメバチなどの種類があります。

スズメバチなどによるアナフィラキシーショック
腹部に強烈な毒針を持っていて人間への攻撃性も非常に高いことから、毎年夏から秋にかけてのスズメバチが活発になる時期には多数の刺傷事故のニュースを耳にします。年間に10~20人程度の方がこのスズメバチによって亡くなっており、これは国内ではクマ、ヘビ、サメなんかより遥かに多い数字です。
 つまり、スズメバチは日本で最も人間にとって危険な生き物と呼んでも過言はありません。

北牟婁郡紀北町でスズメバチに刺された時や蜂の巣を駆除しようとして蜂やスズメバチに刺されたり、知らず知らず蜂の巣を刺激してしまい蜂やスズメバチに刺されたり、北牟婁郡紀北町の自宅でスズメバチの巣を発見して自分でなんとかスズメバチの巣を駆除しようとしたところ蜂の巣から出てきたスズメバチに刺されたり他にもいろいろ。
公園で遊んでいたらスズメバチの巣や蜂の巣に遭遇してしまうことは意外と多いです。
気が付かないうちにその蜂やスズメバチに刺激を与えてしまい刺されてから蜂の巣に気づくことが多く蜂の巣の駆除が遅くなることがあります野外活動や遠足の場合は事前に蜂の巣やスズメバチの巣・アシナガバチの巣などがないか確認することをお勧めします。
もし蜂の巣があれば事前にその蜂の巣を駆除し安全を確保しましょう。


北牟婁郡紀北町でもスズメバチの駆除のお問い合わせも多く、他にアシナガバチの巣の駆除やミツバチの駆除のお問い合わせも大変多く春から秋にかけて蜂の巣は活動が活発になるので、蜂の巣を早く発見し駆除を行うことが重要です。

一見蜂の巣が無いようでも死角にご注意ください。
お問い合わせ頂くなかでも蜂の巣に気づかず刺されてからお電話頂くことも大変多いです。

大人の視線からの死角の蜂の巣に注意
蜂に刺されてから蜂の巣駆除の依頼で多い場所ではサッシの下部や出窓の下部、ポストの下部やごみ箱の裏など、やはり人間から死角になる場所に蜂の巣がある場合気づかずに刺激を与えてしまい刺される場合が多いです。
こういった場合では、巣を作り出す春先から初夏にかけて比較的確認しやすい軒先やカーポートなどもそうですが、死角にも注意して事前に確認することでスズメバチやアシナガバチなどからの刺傷被害を防ぐこともあります。

蜂に刺された時は医療機関を受診し、蜂の巣を発見した場合は早急に駆除してください。

・蜂の巣を自分で駆除したい
というようなお問い合わせもいただくことがありますが、大変危険を伴いますので専門の蜂の巣駆除業者に任せましょう。
アシナガバチやスズメバチにも種類があり、それぞれ種類により習性も異なります。
北牟婁郡紀北町内でもアシナガバチ約6種類、スズメバチも約6種類が確認されています。
そのなかでも、スズメバチに関しては特殊な修正を持つものもいます。
その場で確認できる蜂をすべて死滅させ巣を撤去しても、蜂がどんどん増えてきたり、何回も何回も同じ場所に巣を再建されたりと蜂の巣を撤去するだけでは完全に駆除できず、逆に刺激をあたえてしまい関係ない人が刺されたりと刺傷被害が拡大することも考えられますので蜂の習性を熟知し、蜂の巣を専門に駆除している業者に依頼したほうが無難でしょう。

北牟婁郡紀北町内でも屋根裏や壁の中などの閉鎖空間に営巣したスズメバチの巣を駆除してほしいなど毎年たくさんの蜂の巣駆除のご依頼をお受けしております。
同じような場所(外壁や木の洞・土の中)で蜂が出入りを頻繁に行っていたり、その廻りに蜂がかたまっていたりする場合は屋根裏や壁の中に蜂の巣を作っている可能性が高くむやみに殺虫剤などを使用せず蜂の巣駆除を専門とする会社に相談しましょう。
閉鎖空間だけではなくどんな場所にもスズメバチやアシナガバチは蜂の巣を作ります。
初夏に木の枝が伸びてきたので、剪定をしていたらスズメバチやアシナガバチに刺されたのでよく見たら巣が確認できたなどお電話いただく中でも大変多いです。
特に樹木などの枝が生い茂っていたりすると全く中の様子が確認できず、剪定している振動や音で蜂の巣に刺激を与えてしまい刺されてしまうケースがおおいです。
事前に蜂の巣やスズメバチやアシナガバチが頻繁に出入りしている場所がないかなどを確認することも刺傷被害を避けるには大変重要になってきます。
これからの時期に屋外で作業する場合は事前に蜂が飛んでいないか、蜂の巣がないか確認をしましょう。
蜂の巣がある場合は自分で駆除するのは大変な危険とリスクを負いますので、無理はせずに蜂駆除専門や蜂駆除専門もしくはスズメバチ駆除専門の業者に依頼するようにしましょう。

蜂刺傷には、アレルギーの危険もありアレルギー反応であるアナフィラキシーショックは命に関わることもあるので早急に医療機関を受診しましょう。

・スズメバチに刺されたときの症状や刺されないための予防法について
スズメバチとは、攻撃性の強い蜂として知られています。
生息圏は山間部だけでなく、都心の市街地や公園でも普通に生息しています。
スズメバチの特徴は種類により異なりますが攻撃性が強く初夏から秋にかけては働きバチが増える時期で攻撃性も上がるため注意が必要です。
蜂刺傷が多くなる時期は8月や9月なります。
大変警戒心が強く知らずに巣に近づくと威嚇をはじめ刺される場合もあります。

・スズメバチに刺されたときの症状
ハチに刺されると電気ショックのような激しい痛みとともに患部が赤く腫れてきます。(針が残るのはミツバチだけです)
初めて刺されたときには1~7日程で症状は治まりますが、2回目以降はアレルギー反応が起きることがあります(生まれつきハチ毒に対する抗体を持っていると一度目の蜂刺傷でもアナフィラキシー症状が表れることがあります)。反応が強い人の場合には、アナフィラキシー反応と呼ばれる状態になることもあります。蕁麻疹や腹痛、嘔吐や寒気などの全身症状が見られ、場合によっては呼吸困難になったり意識を失うことがあります。

・蜂に刺されたときの対処法
蜂に刺されたときは適切な対処を行えば症状が軽く済むこともありますので落ち着いて手当を行いましょう。
・毒を取り除く
すみやかに毒をポイゾンリムーバーなどで吸い出し水で患部を絞りながら洗い流しましょう。
※口で吸い出す行為は絶対に止めましょう。
蜂毒は水溶性なので唾液と一緒に体内に取り込んでしまったり、口内炎や虫歯があるとそこから毒が体内に入る危険性があるので絶対にやめましょう。
・患部を冷やす
痛みや腫れをやわらげるのに刺されたところ冷やしましょう。
・病院へ行く
病院で診察を受け薬を処方してもらいます。
ステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤を処方してもらえます。
蜂毒にはとても強いアレルギー反応が出る場合があるので気分が悪くなったり、寒気や全身に蕁麻疹のような症状が現れたら迷わずに救急車を呼びましょう。
アレルギー反応が出るまでには体質や体調により個人差がありますが大半が15分~1時間の間には症状が出てきますが最悪の場合数分から数時間以内に死亡に至るケースもあります。
稀に遅延反応がでる場合があり蜂に刺されてから数日後にアレルギー反応が出ることもありますので刺傷被害にあってから数日は注意が必要です。
蜂毒にはさまざまな成分が入っており、中にはアレルギー反応を引き起こす成分もあります。
アナフィラキシーショックとは、強いアレルギー反応のことです。蕁麻疹や腹痛、嘔吐などの全身症状が起こり、症状が重くなると血圧の低下や呼吸困難などが起こり最悪の場合、命にかかわるため異常があれば迷わずに救急車を呼びましょう。

三重県北牟婁郡紀北町の総合病院を紹介しておきますので蜂に刺された時は受診しましょう。

バナースペース



スズメバチ110番・南勢養蜂場

<愛知県>
〒470-1143
愛知県豊明市阿野町上納129-22
TEL 0562-93-8110
FAX 050-1195-35204
MAIL 8110@hachi-110.com

<岐阜県>
〒500-8369
岐阜県岐阜市敷島町7丁目44-2
TEL 0582-54-8110
FAX 050-1195-3520
MAIL 8110@hachi-110.com

<三重県>
〒519-1104
三重県亀山市関町白木一色1390
TEL 0595-96-1988
FAX 050-1195-3520
MAIL 8110@hachi-110.com

<三重県>
〒519-2142
三重県松阪市下蛸路町424-1
TEL 0598-29-8894
FAX 050-1195-35204
MAIL 8110@hachi-110.com

〒516-1103
三重県伊勢市津村町1080-14
TEL 0120-41-8110
FAX 0596-39-1104
MAIL 8110@hachi-110.com

<本社>
〒516-0112
三重県度会郡南伊勢町伊勢路2490

TEL 0599-67-8110
FAX 050-1195-3520
MAIL 8110@hachi-110.com