本文へスキップ

名古屋市緑区のハチ駆除どこでもお電話一本でお近くのスズメバチ駆除士が最短即日お伺いさせて頂きます。

TEL. 0120-41-8110

24時間・年中無休 お気軽にお問い合わせください。

剪定中の蜂刺傷

ハチの営巣時期と庭木が伸びる時期が重なってしまう

春先から夏にかけてお庭の庭木がどんどん伸びる時期になります。
自分で剪定をされたり、剪定業者に依頼されたり色々だと思いますが、ご自身で剪定をお考えの方はスズメバチやアシナガバチの巣に十分注意して作業を行ってください。

スズメバチやアシナガバチの駆除依頼の中でも庭木などの剪定中に蜂に刺されてしまい辺りを確認したら大きな巣ができているなどのお電話を大変よくいただきます。
スズメバチやアシナガバチは春先から巣を作り始め、働きバチが生まれ始める初夏から秋まで巣を拡張し続けそれに伴って働きバチの数も増えていきます。
その時期が剪定の時期と重なってしまう為にどうしても刺傷被害に遭いやすくなってしまいます。

特に貝塚伊吹・ツツジ・コニファー・金木犀・椿などの木は枝が込み入ってくると中が見えなくなってしまうためスズメバチなどが巣を作っていても見つける事が難しくなってしまいます。
【庭木の中に作ったコガタスズメバチの巣】
ご依頼主さまも剪定中にいきなり手に痛みを感じ蜂に刺されたことに気づかれたそうです。

庭木などに巣を作るスズメバチの種類は基本的にはコガタスズメバチが大半を占めます。
【ツツジの中に営巣したセグロアシナガバチの巣】

ご依頼主さまが最近やたらと同じ場所で蜂が出入りする事に気づかれ巣を発見しご依頼いただきました。
ご自身での剪定を検討していたとのことで危ないところでした。

剪定中の蜂刺傷を防ぐには

剪定前にハチが同じような場所で出入りしていないかなど良く確認していただく事が第一になります。

庭木や植栽の周りをハチがよく飛んでいる

庭木や植栽には虫がついたり樹液が出るものがあり、スズメバチやアシナガバチは幼虫の餌となる虫などを探して飛来することがあり庭木や植栽の周りを飛び廻ったりすることがあります。
同じような場所で蜂が出入りする場所がなければ餌などを求め飛来しているだけの可能性があります。

※殺虫剤は安易に使用しない

ハチを良く見かけたり飛び廻っているけど巣があるかどうかわからない場合はむやみに殺虫剤などは噴霧しないようにしてください。
巣が近くにある場合は殺虫剤で刺激してしまい逆に自ら危険な状況を作り出してしまうことにもなりかねません。
安易な判断が思わぬ事故に繋がる可能性もありますのでご注意ください。

バナースペース

蜂駆除 任せて安心のサポート体制

ソーシャルメディア



スズメバチ110番・南勢養蜂場